芙蓉総合リース株式会社と双日商業開発株式会社が「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)の信託受益権を共同で取得

芙蓉総合リース株式会社(代表取締役社長 辻田泰徳、以下「芙蓉リース」)と双日商業開発株式会社(代表取締役 近藤哲生、以下「双商」)は、本日「那須ガーデンアウトレット」(栃木県那須塩原市)の信託受益権を芙蓉リース 80%、双商 20%の割合にて共同取得しました。

2008年7月に開業した那須ガーデンアウトレットは、「森の中に佇むガーデン」というコンセプトに基づく独立系のアウトレットモールとしてその存在感を発揮しております。2012年の2期増床を経て現在、約140のテナントにより構成されており、地元の農産品を販売する Loco Style Mart や AEON PET が運営するドッグランが特徴的です。今春には B.C STOCK、nano・universe、AMERICAN HOLIC、HUNTER 等が出店しており、今後とも集客力の高いテナントを誘致していきます。また、観光立地にあって訪日客の更なる増加も見込まれることから、周辺施設と連携しエリア全体の活性化を図っていく予定です。

芙蓉リースは、中期経営計画「Frontier Expansion 2021」において「不動産分野」を戦略分野の一つとしており、アウトレットモールの取得及び双日グループとの信託受益権の共同取得は本件が初となります。
芙蓉リースは、不動産事業を通じて地域社会の発展と豊かな暮らしづくりに貢献してまいります。双商は、商業施設のバリューアップを推進しており、従来のプロパティマネージャーの枠を超え、自ら商業施設を保有し、且つ、運営する事業を展開しており、本件は昨年(2018年)11月のピエリ守山(滋賀県守山市)に続く案件となります。
双商はこれまで培ってきた豊富な商業施設の運営実績を活かし、本件においても、施設運営の主体として那須ガーデンアウトレットの更なる発展を進め、地域社会の活性化に貢献してまいります。

【芙蓉総合リース株式会社の概要】

  • 社名
    芙蓉総合リース株式会社 
    HP:https://www.fgl.co.jp/index.html
  • 設立
    1969年5月1日
  • 本社所在地
    東京都千代田区神田三崎町三丁目3番23号
  • 代表取締役
    社長
    辻田 泰徳
  • 事業内容
    情報関連機器、事務用機器、産業機械、工作機械、商業用店舗設備、医療機器、船舶/航空機/車両並びに輸送用機器、建築土木機械、などのリースおよび割賦販売業務、金銭の貸付、その他各種金融業務、不動産リース等

【双日商業開発株式会社の概要】

  • 社名
    双日商業開発株式会社 
    HP:https://www.sojitz-sc.com/
  • 設立
    2001年9月26日
  • 本社所在地
    東京都港区虎ノ門一丁目1番12号 虎ノ門ビル7階
  • 代表取締役
    社長
    近藤 哲生
  • 株主構成
    双日株式会社:100%
  • 事業内容
    商業施設の企画、設計、建設、保有、運営、PM 及びコンサルティング

【商業施設の概要】

  • 取得資産
    不動産信託受益権
  • 物件名称
    那須ガーデンアウトレット HP:https://www.nasu-gardenoutlet.com/
  • 所在
    栃木県那須塩原市塩野崎184−7
  • 開業日
    2008年7月(築11年)
  • 延床面積
    31,587m²(9,555 坪)
  • 賃貸可能面積
    29,213m²(8,888 坪)
  • 駐車台数
    約3,000台

【リリースに関する問い合わせ】

芙蓉総合リース株式会社 
TEL: 03-5275-8891(コーポレートコミュニケーション室/斎藤・奥住)

双日株式会社 広報部  
TEL: 03-6871-3404

双日商業開発株式会社  
TEL: 03-3539-3350